有限会社 荒川ラジエーターは、各種熱交換器の修理・製作・販売・改造の専門会社です。

法人のお客様 | 個人のお客様 | サイトマップ

自動車用インタークーラー・アフタークーラー
インタークーラー/集合画像 インタークーラー/集合画像

 インタークーラー・アフタークーラーは、過給器で圧縮された空気を冷却する働きをしています。その為、インタークーラー・アフタークーラーに不具合が発生した場合には過給器にもダメージを与え、その逆に過給器に不具合が発生した場合にもインタークーラー・アフタークーラーへとダメージを与えます。

  • 事故等で破損した
  • 振動等でエア漏れを起こしている
  • タービンの破損によりオイルが混入した

 

 当社では、事故による破損や劣化によるエア漏れ等の補修を行っています。特に大型車用のインタークーラーは本体重量が重い為、車体への振動等でコア部分の根元に亀裂が入り易くなります。
 溶接補修からコア新品交換作業、リビルト品・新品ASSYの販売まで可能な当社にご相談下さい。

インタークーラー/エア漏れ画像
インタークーラー/事故破損画像

 当社では、事故による破損や劣化によるエア漏れ等の補修を行っています。特に大型車用のインタークーラーは本体重量が重い為、車体への振動等でコア部分の根元に亀裂が入り易くなります。
 溶接補修からコア新品交換作業、リビルト品・新品ASSYの販売まで可能な当社にご相談下さい。


インタークーラー/エア漏れ画像

 タービン破損時にはインタークーラー・アフタークーラー内部にオイルが混入します。当社ではインタークーラー・アフタークーラー本体の材質に合わせた溶剤・溶液を用い、内外部の洗浄作業を行いオイルを除去した後、全品で水没耐圧試験を行い出荷・納品しています。

 又、オイルの混入の他にも内部詰まりが酷い場合には、コア部よりタンク部を切り離して内部洗浄する事も可能です。

船舶用・産業機械用インタークーラー・アフタークーラー
インタークーラー/メンテナンス前画像 インタークーラー/メンテナンス前画像

 インタークーラーやアフタークーラーは自動車用としてだけではなく、船舶用や産業機械用としても多く利用されておりその用途から長期間に渡り運用されています。特に船舶用としては海水に触れる環境で使用されている為、定期的なメンテナンスは欠かせません。特に船舶用インタークーラー・アフタークーラーにトラブルが生じた場合、最悪の場合はエンジンが停止し操業が出来ない恐れもあります。

  • 内外部が目詰まりしている
  • 海水等で削られている

 当社では、自動車用インタークーラー・アフタークーラーの他にも船舶用や産業機械用のインタークーラー・アフタークーラーのメンテナンスも行います。本体の材質に合わせた溶剤・溶液を用い、冷媒の通る管を一本一本丁寧に洗浄しています。又、タンク部を切り開き内部の異物を全て除去する作業も可能です。

インタークーラー/洗浄前後画像

洗浄作業前後

インタークーラー/洗浄前後画像

洗浄作業前後

インタークーラー/内部詰まり画像

内部詰まり

 外部に汚れが付着している場合は熱交換が行われ難くなる為、その性能が発揮出来ません。特にシリンダータイプ(冷媒の通る管が蓮状になっているタイプ)と呼ばれる熱交換器の場合には中心部の汚れが取り難いのですが、当社ではその中心部まで綺麗に洗浄して新品同様に復元する事が可能です。

 

インタークーラー/切削画像
インタークーラー/クラック画像

 当社では内外部の洗浄作業のみならず、写真の様に海水で表面が叩かれ抉られたインタークーラーの補修作業や、カバーを抑えるフチのひび割れ補修作業等も可能です。
 特に表面の削れが酷い場合には海水に強い銅の板を周囲に貼り付け補強したり、状況に応じたメンテナンスを行っています。

製作及び改造
インタークーラー/新規製作画像 インタークーラー/新規製作画像

 当社ではインタークーラー・アフタークーラーの新規製作及び改造を行っています。1台限りの試作機製作からロット生産まで、小回りの利く当社までご相談下さい。

  • 試作機に使いたい
  • 仕様に見合った製品が欲しい
  • 別製品を流用して使用したい

 試作機の仕様に見合うインタークーラー・アフタークーラーは基本的に市販製品が存在しない場合が多い為、当社製品を叩き台としてご利用頂いたり、当社の試作品を量産品へと移行してご利用頂いています。
 又、市販製品をベースとして当社で改造作業を施し、それぞれの機体に合う様にも対応しています。尚、ベースに関してはお客様から支給して頂くか、当社にて入手するかをお選び頂けます。

インタークーラー/新規製作図面画像

 当社では試作機用のインタークーラー・アフタークーラーの新規製作案件を多く頂いていますが、その特性上の理由により社外秘扱いが多い為に完成品の写真は掲載出来ません。

 使用目的・使用環境・流体温度・流速・求める性能等々の詳細な仕様をご提示頂けますと、当社で図面をご用意し試作品の製作作業を行います。尚、数式で求められる熱交換器の性能は飽くまでも目安となります為、数度の試作を繰り返し行い都度の実機試験が必要となりますので予めご了承下さい。

 尚、試作品の価格は用途・大きさ等に関わらず一律10万円からとさせて頂いています。

当社に修理品を送る場

 当社まで修理品を送って頂く際には、他の荷物等を汚してしまう可能性がございますので必ず内容物が外部に漏れ出さない様に梱包して下さい。

  • 内容物が漏れ出さない様に、必ず内容物は抜き取って下さい。
  • 各ホース口はガムテープ等で塞がずに、ビニール袋で覆って輪ゴム等で止めて下さい。
  • 配送中に修理品が破損しない様に梱包して下さい。
  • 必ず段ボールにて梱包して下さい。ビニール袋の状態ですと輸送して頂けません。
  • 段ボール本体には目立つ様に「壊れ物」と記載して下さい。

  1. オイル等の液体を抜き取ります。
  2. ホース口に要らないウエスを詰め込み、残留している内容物が流れ出ない様にして下さい。ティッシュでは溶けてしまいますので、必ず布でお願い致します。
  3. その後、パイプ口をウエス毎、ガムテープで塞がずにビニール袋で包んだ上で輪ゴム等で止めて下さい。
  4. 本体を大きめのビニール袋(ゴミ袋等)で包み、その上からコアが傷付かない様にダンボールで覆って下さい。特にオイルが漏れている場合にはビニール袋を二重に被せて当社までお送り下さい。輸送中に残留したオイルが流出した場合、他の荷物を汚す事に繋がりますのでご注意下さい。
  5. 最後に丸めた新聞紙等の緩衝剤を詰め、段ボールで梱包して下さい。
お問い合わせ
ページのトップに戻る
お問合せ