有限会社 荒川ラジエーターは、各種熱交換器の修理・製作・販売・改造の専門会社です。

法人のお客様 | 個人のお客様 | サイトマップ

  • HOME
  •  > 
  • 業務案内
  •  > 
  • その他パーツ(各種ホース・配管 / クーラーコンプレッサー)
各種ホース・各種配管
その他パーツ/エアコンホース・ラジエーターホース・各種配管集合画像 その他パーツ/エアコンホース・ラジエーターホース・各種配管集合画像

 ホースや配管は機器と機器を繋ぐ動脈とも言える働きをしています。その為、ホースや配管の途中で内容物漏れが発生した場合には、機器が正常に作動しなくなります。

  • 既存製品を改造したい
  • 機体に合わせて製作したい

 意外と欠品し易く更にバックオーダーになり易い各種ホース類や配管類も、当社ではサンプルとなるベース(又は図面)があれば復元可能です。又、機体に合わせて製作可能である為、例えばキャンピングカーに新たにエアコンを設置する場合のエアコンホース・燃料タンクを移設する場合の燃料パイプ等々でご利用頂いています。

 

 エアコンホースは素材がゴムである為、長年の使用で劣化します。又、金属と常に触れる状態である場合には、写真の様に擦れて穴開きが発生します。当社では出入り口のユニオン部分を再使用しホースのみを新品交換する事が可能な為、純正品が欠品していても対応が可能です。併せて、出入り口のユニオン部分も当社でご用意可能な為、事故等での破損や腐食によって再使用が難しい場合でもお任せ下さい。
 尚、当社ではφ8・12・14.5・16(全て内径)の4種類まで対応しています。但し、内径は同じでもホース外径が異なる場合がございますので、予めご了承下さい。


 当社で使用しているエアコンホース加締め器械は、純正と同等の「3列8本締め」が可能です。この構造は放射状に均一な圧力が掛けられる為、適正圧力内でのご使用であればホース抜けは起こりません。又、全ての製品で水没耐圧試験を行い出荷していますので安心です。

 

その他パーツ/エアコンホース破損画像 その他パーツ/エアコンホース製作前後画像 その他パーツ/エアコンホース加締め器械画像 その他パーツ/エアコンホース3列8本締め画像

 


 特に大型車両・建設機械・農業機械で欠品し易いラジエーターホースの製作も行っています。
 当社ではφ22・25・32・38・45・50・57・64・70・76(全て内径)の10種類まで対応可能で、ホース本体がカーブしている場合には写真の様に途中を配管で製作して繋ぐ事も可能な為、入口と出口のφが異なる異径のホースでも製作しています。基本的にはどの様な形状でも対応しますので、先ずは当社までご相談下さい。

その他パーツ/ラジエーターホース製作前後画像
その他パーツ/ラジエーターホース画像

 特に大型車両・建設機械・農業機械で欠品し易いラジエーターホースの製作も行っています。
 当社ではφ22・25・32・38・45・50・57・64・70・76(全て内径)の10種類まで対応可能で、ホース本体がカーブしている場合には写真の様に途中を配管で製作して繋ぐ事も可能な為、入口と出口のφが異なる異径のホースでも製作しています。基本的にはどの様な形状でも対応しますので、先ずは当社までご相談下さい。


 振動によるひび割れ・事故による断裂等々でも当社では復元可能です。スチール・アルミニウム・ステンレスの材質に対応し、全て水没耐圧試験を行い出荷しています。
 クーラー用パイプ・ブレーキ用パイプ・燃料用パイプ等々、加工から溶接・耐圧試験までが可能な当社だからこそ出来るサービスです。
 但し引火等の危険性が高い為、当社では車体等に取り付けた状態での補修作業は行いませんので、予めご了承下さい。

その他パーツ/配管修理前作業画像
その他パーツ/配管修理前作業画像

 振動によるひび割れ・事故による断裂等々でも当社では復元可能です。スチール・アルミニウム・ステンレスの材質に対応し、全て水没耐圧試験を行い出荷しています。
 クーラー用パイプ・ブレーキ用パイプ・燃料用パイプ等々、加工から溶接・耐圧試験までが可能な当社だからこそ出来るサービスです。
 但し引火等の危険性が高い為、当社では車体等に取り付けた状態での補修作業は行いませんので、予めご了承下さい。

クーラーコンプレッサー
その他パーツ/クーラーコンプレッサー画像 その他パーツ/クーラーコンプレッサー画像

 クーラーコンプレッサーは、クーラーコンデンサーから流れてきたガス冷媒をエバポレーターに送り込む働きをしています。基本的にエアコンシステムを作動させた場合には常に動いているパーツの為、長期間に渡る使用時には焼付けを起こしたり等の不具合を生じます。
 初期症状は異音の発生が挙げられますが、それを過ぎるとクーラーコンプレッサー本体の焼付け・内部部品の磨耗によるエアコンシステムへの金属混入が発生します。

  • エアコンが作動しない
  • 異音が発生する

 当社ではエアコンシステム全体を担える様に、クーラーコンデンサー・エバポレーター・エアコンホースの他にも国産車から輸入車まで幅広いアイテムのクーラーコンプレッサーを取り揃えており、ラインナップも常に拡充されています。
 又、メーカーではクーラーコンプレッサーの性能試験機や耐久試験機等が完備されていますので、万一の不具合発生時には徹底的に検証して原因を突き止め、対策を講じる体制が整えられています。

 

 当社で取り扱いのあるクーラーコンプレッサーは、純正同等品の社外新品・リビルト品をお選び頂けます。又、クーラーコンプレッサー本体にはオイルが封入済みであり、大半の商品にはクラッチが付属していますのでお手元に届いてからすぐにご利用頂けます。
 尚、リビルト品の場合は原則的に現品の返却が必要となりますので、お手数でも当社製品が入っていた箱に詰め替えをして当社宛にご返却下さい。


 クーラーコンプレッサーが破損した場合には、クーラーコンデンサー等の他のパーツに金属片が混入する場合があります。配管を含めたクリーニング作業を行わずに装着・運転を行いますと、再びクーラーコンプレッサーが破損する可能性がありますのでご注意下さい。

その他パーツ/クーラーコンプレッサー分解画像 その他パーツ/クーラーコンプレッサー分解画像

クーラーコンプレッサー/カットモデル

 当社で取り扱いのあるクーラーコンプレッサーは、純正同等品の社外新品・リビルト品をお選び頂けます。又、クーラーコンプレッサー本体にはオイルが封入済みであり、大半の商品にはクラッチが付属していますのでお手元に届いてからすぐにご利用頂けます。
 尚、リビルト品の場合は原則的に現品の返却が必要となりますので、お手数でも当社製品が入っていた箱に詰め替えをして当社宛にご返却下さい。


 クーラーコンプレッサーが破損した場合には、クーラーコンデンサー等の他のパーツに金属片が混入する場合があります。配管を含めたクリーニング作業を行わずに装着・運転を行いますと、再びクーラーコンプレッサーが破損する可能性がありますのでご注意下さい。

 クーラーコンプレッサーは当社オンラインショップ(http://shop.radiator.jp/)にてお買い求め頂けます。又、車両情報を頂ければ当社で適合確認を行いますので、車検証に記載の型式・年式・車体番号・類別区分番号・型式指定番号をお知らせ下さい。尚、全ての商品を登録している訳ではありませんので、お探しの商品が見付からない場合はお手数でもご連絡下さい。

当社に修理品を送る場合

 当社まで修理品を送って頂く際には、他の荷物等を汚してしまう可能性がございますので必ず内容物が外部に漏れ出さない様に梱包して下さい。

  • 内容物が漏れ出さない様に、必ず内容物は抜き取って下さい。
  • 各ホース口はガムテープ等で塞がずに、ビニール袋で覆って輪ゴム等で止めて下さい。
  • 配送中に修理品が破損しない様に梱包して下さい。
  • 必ず段ボールにて梱包して下さい。ビニール袋の状態ですと輸送して頂けません。
  • 段ボール本体には目立つ様に「壊れ物」と記載して下さい。

  1. 内容物を抜き取ります。
  2. 内容物が可燃性の場合には必ず揮発させて下さい。静電気等の理由により輸送途中で引火爆発する可能性があります。
  3. ホース口に要らないウエスを詰め込み、残留している内容物が流れ出ない様にして下さい。ティッシュでは溶けてしまいますので、必ず布でお願い致します。
  4. その後、パイプ口をウエス毎、ガムテープで塞がずにビニール袋で包んだ上で輪ゴム等で止めて下さい。
  5. 本体を大きめのビニール袋(ゴミ袋等)で包み、その上から製品が傷付かない様にダンボールで覆って下さい。
  6. 最後に丸めた新聞紙等の緩衝剤を詰め、段ボールで梱包して下さい。
お問い合わせ
ページのトップに戻る
お問合せ