有限会社 荒川ラジエーターは、各種熱交換器の修理・製作・販売・改造の専門会社です。

法人のお客様 | 個人のお客様 | サイトマップ

ラジエーター / 冷却液漏れ
ラジエーター/集合画像 ラジエーター/集合画像

 ラジエーターはエンジン等の内燃機関で発生した熱を、サーモスタット等を利用して一定の温度に保つ働きをしています。腐食や破損等でラジエーターから冷却液漏れが発生した場合はエンジンの温度が上昇し過ぎて、最悪の場合は車両火災に繋がる恐れがあります。その為、ラジエーターに不具合が発生した場合はすぐに使用を中止し、お近くの自動車整備工場様で診断して頂いて下さい。

  • 冷却液が漏れている
  • 事故で破損している

 

ラジエーター/新品パーツ画像 ラジエーター/新品パーツ画像

 当社では、ラジエーターを構成するパーツが基本的に全てバラバラの状態での入手が可能な為、損傷しているパーツのみを新品パーツに交換する事が可能です。
 例えば、上タンク部の破損であれば上タンク部のみの新品交換、コア部の破損であればコア部のみの新品交換と、全てを新品にする必要が無く状況に応じた補修が可能となり、これにより無駄なゴミを排出しない・無駄に資源を消費しない事に繋がります。
 破損の状態によって全てを新品パーツに交換しなければならない場合もありますが、軽度の損傷の場合は部品交換を行わなくても修正が可能な場合もあります。

 

ラジエーター/破損画像

事故により損傷しています

ラジエーター/新品パーツ画像

全てパーツで入手可能です

ラジエーター/新品完成画像

破損パーツを新品に組み替えします

ラジエーター/破損画像

事故により損傷しています

ラジエーター/新品パーツ画像

全てパーツで入手可能です

ラジエーター/新品完成画像

破損パーツを新品に組み替えします

 当社では事故で損傷してしまった場合でも、バラバラのパーツから純正同等品のラジエーターを組み立てる事が可能です。千切れてしまって原型が無い場合、車両火災で溶けてしまった場合等でも、車両情報さえあれば基本的に復元が可能です。


ラジエーター/コア新品交換作業後画像
ラジエーター/コア新品交換作業後画像

 

ラジエーター/コア新品交換作業後画像 ラジエーター/コア新品交換作業後画像

 当社は自動車用ラジエーターのみならず、建設機械・農業機械・産業機械等々のラジエーターのメンテナンスを行っています。通常タイプからボルトクローズタイプまで、あらゆるラジエーターに対応しています。

 又、症状に合わせてラジエーター本体の材質から見直す事も可能です。

ラジエーター/補修前画像
ラジエーター/補修前画像
ラジエーター/補修前画像

 

ラジエーター/補修前画像 ラジエーター/補修前画像 ラジエーター/補修前画像
ラジエーター / オーバーヒート
ラジエーター/フィン腐食画像 ラジエーター/フィン腐食画像

 ラジエーターはあらゆる環境下で使用される為、長い期間の使用では内部詰まりや外部腐食が発生します。特に放熱の要であるフィン部分が腐食しますと放熱が出来ず、オーバーヒートに繋がる事があります。

  • 水温が上がる / オーバーヒートした
  • 腐食によりボロボロになっている

 沿岸部や降雪地域では塩害によって、放熱を行うフィン部分が腐食します。フィン部分が腐食する事により放熱能力が失われ、水温の上昇やオーバーヒートに繋がります。特に旧車や走行距離の多い車両の場合は内部での目詰まりが著しく発生していますので、高速走行時等の高負荷状態の場合にオーバーヒートする可能性が高いです。

ラジエーター/洗浄作業中画像

 写真の様に酷い外部目詰まりの場合でも、当社ではラジエーター本体の材質に合わせた専用の溶液・溶剤で綺麗に洗浄しています。

 又、外部目詰まりしている為に洗車機等で洗浄作業を行う場合がありますが、フィン部分が腐食している状態で高圧の温水を浴びせますと上記画像の様にフィン部分が潰れてしまいます。この状態ではコア新品交換作業を行わなければなりませんので、洗浄作業は当社にお任せ下さい。当社では高温・低圧の蒸気での洗浄作業を行いますので、酷い腐食ではない限りフィン部分の潰れは発生しません。


 

ラジエーター/内部詰まり画像

内部が汚れで詰まっています

ラジエーター/外部詰まり画像

外部が目詰まりしています

ラジエーター/フィン腐食画像

フィン部分が腐食しています

 内部詰まりの場合は内部洗浄作業を、外部詰まりの場合には外部洗浄作業をと、当社では症状に合わせた作業内容をお客様にご提案しています。
 又、フィン部分の腐食が酷い場合にはコア新品交換作業で復元可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 内部詰まりの場合は内部洗浄作業を、外部詰まりの場合には外部洗浄作業をと、当社では症状に合わせた作業内容をお客様にご提案しています。
 又、フィン部分の腐食が酷い場合にはコア新品交換作業で復元可能ですので、お気軽にご相談下さい。

ラジエーター / 二輪車
ラジエーター/二輪車/集合画像 ラジエーター/二輪車/集合画像

 当社では、自動車の他にも二輪車用ラジエーターにも対応可能です。補修は勿論、製作・改造・販売まで行えますので、純正品が欠品していたり車体に合わせて加工したい場合等に当社をご活用下さい。

  • 転倒して破損してしまった
  • 流用加工したい
  • 容量アップしたい

 

ラジエーター/二輪車/補修前後画像 ラジエーター/二輪車/補修前後画像

 二輪車用ラジエーターは自動車用ラジエーターとは異なり、振動対策等の為にラジエーター本体が頑丈に作られています。その為、かなりの破損状態の場合でも一定の状態まで修復して再び使用する事が可能です。
 写真は修復前と修復後の画像となり、修復前では三次元的に歪んでしまいフィン潰れも多数ありましたが、ラジエーター本体が頑丈である為にある程度まで復元する事が出来ました。

 特に二輪車はラジエーターが外部に剥き出しになっている為に簡単に破損する確立が高く、飛び石等によってフィン部分が潰れてしまいます。常に見える機能パーツですので、再塗装を含めた定期メンテナンスをお勧め致します。


ラジエーター/二輪車/新品パーツ画像 ラジエーター/二輪車/完成品画像 ラジエーター/二輪車/新品パーツ画像 ラジエーター/二輪車/完成品画像

 当社では国産・輸入車を問わず、コアの仕様からタンク形状まで制約の多い二輪車に合わせた製作が可能です。新規製作での容量アップは勿論、別の車種用ラジエーターに改造加工を施し流用する事にも対応致します。

 但し、容量アップはタンク部の厚み等が異なりますので、現品を再利用しての容量アップ作業は出来ませんのでご注意下さい(全て新規製作となります)。

 


 併せて、二輪車用ラジエーターの一部を当社オンラインショップにて販売しております。特に不定期でアウトレット品として販売する事もありますので、タイミングが合えば掘り出し物があるかも知れません。詳しくは当社オンラインショップ(http://shop.radiator.jp/)をご覧下さい。

ヒーター
ヒーター/集合画像 ヒーター/集合画像

 ヒーターはエンジンの廃熱を再利用して、車内に温風を送り込む働きをしています。基本的にラジエーターと同じ冷却ラインで繋がっていますので、どちらかに不具合が発生した場合はラジエーター・ヒーター両方共に影響が出る場合もあります。
 温風が出ない原因は多々ありますが、ヒーターコアが原因の場合は「冷却液漏れ」「内外部詰まり」が考えられます。

  • 温風が出ない
  • 車内の足元が濡れている

 原則としてエンジンで温められた冷却液がヒーターコアを通過し、車内を暖めています。その為、ヒーターコアに冷却液が循環していない場合には温風が出ません。原因としては「冷却液が足りない」「冷却液が流れていない」に分けられ、前者の場合はヒーターコアを含む冷却液が流れるラインの何処かで冷却液漏れを起こしている可能性が高く、後者の場合は冷却液のラインの何処かで内外部詰まりが発生している可能性が高いです。


 ヒーターコア本体から冷却液漏れが発生している場合は車内の足元が常に冷却液で濡れている状態になっておりますので、その場合はヒーターコアの補修が必要となります。
 冷却液の漏れ箇所はコア・上下タンク部・ホース接続部と考えられ、それぞれのパーツを新品に交換する事により、新品同様のヒーターコアとして再びご利用頂けます。

ヒーター/冷却液漏れ画像 ヒーター/新品パーツ画像
ヒーター/冷却液漏れ画像 ヒーター/新品パーツ画像

 ヒーターコア本体から冷却液漏れが発生している場合は車内の足元が常に冷却液で濡れている状態になっておりますので、その場合はヒーターコアの補修が必要となります。
 冷却液の漏れ箇所はコア・上下タンク部・ホース接続部と考えられ、それぞれのパーツを新品に交換する事により、新品同様のヒーターコアとして再びご利用頂けます。

 

 ヒーターコアの内外部が詰まっている場合には、内外部の清掃作業を行う事により症状が回復します。


 外部の目詰まりは車内の埃等が付着する事によって発生します。その為、当社では特殊な溶剤と高温・高圧の蒸気によってヒーターコアを洗浄しつつ、深く入り込んだ埃等も出来得る限り除去して新品に近い状態にまで復元致します。

 内部詰まりの場合は、冷却液が通過する管(チューブ)の一本一本を丁寧に洗浄し、内部に溜まった汚れを除去して新品同様に近い状態まで復元致します。
 但し、内部の詰まりが酷い場合にはコアを新品に交換しなければならない場合もございます。


 併せて、一部の車種ではヒーターコアの新品販売も承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。

ヒーター/外部詰まり画像 ヒーター/外部詰まり画像 ヒーター/内部詰まり画像 ヒーター/内部詰まり画像

 

ヒーター/外部詰まり画像 ヒーター/外部詰まり画像 ヒーター/内部詰まり画像 ヒーター/内部詰まり画像

 ヒーターコアの内外部が詰まっている場合には、内外部の清掃作業を行う事により症状が回復します。


 外部の目詰まりは車内の埃等が付着する事によって発生します。その為、当社では特殊な溶剤と高温・高圧の蒸気によってヒーターコアを洗浄しつつ、深く入り込んだ埃等も出来得る限り除去して新品に近い状態にまで復元致します。

 内部詰まりの場合は、冷却液が通過する管(チューブ)の一本一本を丁寧に洗浄し、内部に溜まった汚れを除去して新品同様に近い状態まで復元致します。
 但し、内部の詰まりが酷い場合にはコアを新品に交換しなければならない場合もございます。


 併せて、一部の車種ではヒーターコアの新品販売も承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。


 真鍮製のヒーターコアは勿論、薄物溶接技術のある当社ではアルミニウム製のヒーターコアのメンテナンスも対応可能です。お気軽にお申し付け下さい。

 尚、一概にヒーターコアが原因ではなく、フィルターの目詰まり・ブロアモーターの不具合・ヒーターケースの不具合等々、他の原因で温風が出ない場合もあります。ヒーターに異常を感じたら、お近くの自動車整備工場様にて診断して頂いて下さい。

ヒーター/タンク部切開画像

タンク部を切開します

ヒーター/内部詰まり画像

内部詰まりが発生しています

ヒーター/内部洗浄後画像

内部洗浄しました

 真鍮製のヒーターコアは勿論、薄物溶接技術のある当社ではアルミニウム製のヒーターコアのメンテナンスも対応可能です。お気軽にお申し付け下さい。

 尚、一概にヒーターコアが原因ではなく、フィルターの目詰まり・ブロアモーターの不具合・ヒーターケースの不具合等々、他の原因で温風が出ない場合もあります。ヒーターに異常を感じたら、お近くの自動車整備工場様にて診断して頂いて下さい。

当社に修理品を送る場合

 当社まで修理品を送って頂く際には、他の荷物等を汚してしまう可能性がございますので必ず内容物が外部に漏れ出さない様に梱包して下さい。

  • 内容物が漏れ出さない様に、必ず内容物は抜き取って下さい。
  • 各ホース口はガムテープ等で塞がずに、ビニール袋で覆って輪ゴム等で止めて下さい。
  • 配送中に修理品が破損しない様に梱包して下さい。
  • 必ず段ボールにて梱包して下さい。ビニール袋の状態ですと輸送して頂けません。
  • 段ボール本体には目立つ様に「壊れ物」と記載して下さい。

  1. 冷却液等の液体を抜き取ります。
  2. ラジエーターキャップ及びドレンコックは取り付けた状態にして下さい。
  3. 作業内容によって異なりますが、必要な場合は弊社より予めお知らせ致しますのでファンシュラウド及び各種ホース類は外して下さい。但し、ヒーターの場合はヒーターケースも含めて弊社までお送り下さい。
  4. ホース口に要らないウエスを詰め込み、残留している内容物が流れ出ない様にして下さい。ティッシュでは溶けてしまいますので、必ず布でお願い致します。
  5. その後、パイプ口をウエス毎、ガムテープで塞がずにビニール袋で包んだ上で輪ゴム等で止めて下さい。
  6. 本体を大きめのビニール袋(ゴミ袋等)で包み、その上からコアが傷付かない様にダンボールで覆って下さい。ヒーターの場合はヒーターパイプが長い事があります。その場合は輸送中に破損してしまう可能性がありますので、段ボール等でしっかり固定して下さい。
  7. 最後に丸めた新聞紙等の緩衝剤を詰め、段ボールで梱包して下さい。
梱包手順

内容物を抜き取りウエスを詰めて下さい

梱包手順

上からビニール袋を被せます

梱包手順

輪ゴム等できつく止めて下さい

梱包手順

ガムテープ等では塞がずに

お問い合わせ
ページのトップに戻る
お問合せ