有限会社 荒川ラジエーターは、各種熱交換器の修理・製作・販売・改造の専門会社です。

法人のお客様 | 個人のお客様 | サイトマップ

  • HOME
  •  > 
  • 業務案内
  •  > 
  • 各種タンク(燃料タンク / 作動油タンク / エアータンク)
漏れ・変形補修
各種タンク/集合画像 各種タンク/集合画像

 各種タンク類は常に内容物が入っており大体は可燃性の内容物が収められている為、それらが漏れ出した場合には大事故に繋がる危険性が高い製品です。その為、可燃性の内容物が漏れ出した場合はすぐに使用を中止し、補修を行う必要があります。

  • 内容物漏れしている
  • 事故等で破損した

 当社では熱交換器の補修で培われた各種金属類の薄物溶接技術を生かし、燃料タンク・作動油タンク・エアータンク・ウォータータンク等の各種タンク類の補修・メンテナンスを行っています。
 可燃物の場合は内外部を洗浄し完全に揮発させ漏れ箇所を特定し、必要に応じた補修作業を行います。通常、腐食している場合には溶接補修のみでは長持ちしません。当社では溶接補修に加えて材質に応じた板材料を腐食箇所全体を、例えば、本体がスチール製の場合には銅の板材料を、アルミニウム製の場合にはアルミニウムの板材料をメッキした上で覆う様に貼り付け、少しでも長くお使い頂ける様に作業しています。

 又、補修の他にも改造加工・新品販売も行っていますので詳しくは次項をご覧下さい。

 

各種タンク/補修前画像
各種タンク/補修前画像

 部分的な腐食・全体的な腐食・配管のみの腐食・事故による変形等々、様々な事例に対応しています。新品が入手出来る場合には新品を、入手不可の場合には当社へと、ケースに合わせてご利用頂ければと思います。

 補修箇所や補修内容によって価格が大幅に異なりますので、正確なお見積もりは当社にて現品を確認してからとなります。

 

各種タンク/補修後画像

燃料タンク底面部補修

各種タンク/補修後画像

燃料タンクパイプ部溶接補強

各種タンク/補修後画像

ウォータータンク全面補修

 変形修正でダメージが大き過ぎる場合には、完全に元に戻らない可能性もあります。予めご了承下さい。
 又、車両等に取り付けた状態での補修作業は引火の可能性が高い為、当社では行っておりません。

 変形修正でダメージが大き過ぎる場合には、完全に元に戻らない可能性もあります。予めご了承下さい。
 又、車両等に取り付けた状態での補修作業は引火の可能性が高い為、当社では行っておりません。

 

各種タンク/補修前画像
各種タンク/補修後画像

 写真の様にバッフルプレートが腐食により脱落・破損していても、当社ではタンク本体を切り開いて復元が可能です。この後は切り開いた箇所を溶接して元通りにし、耐圧試験・塗装を施し完成となります。

 特に乗用車用の燃料タンクの復元作業では旧車オーナー様からのご依頼が多く、北海道内は元より全国各地域より当社まで送られて参ります。又、補修やメンテナンスに併せて内部コーティングもご好評を頂いておりますので、内部コーティングに関しては次項をご覧下さい。


 

各種タンク/補修後画像

アルミニウム製エアータンク

各種タンク/補修後画像

スチール製エアータンク

 当社では燃料タンクの他にも、作動油タンク・エアータンクの補修も行っています。作業内容自体はほぼ変わらず、材質もスチール・アルミニウム・ステンレスを問いません。

 特に高年式のエアータンクや作動油タンクの場合には新品の入手が出来ない場合もありますが、大体は補修が可能な筈ですので諦める前に当社まで一度ご相談下さい。

内部洗浄・内部コーティング
各種タンク/錆除去前後画像 各種タンク/錆除去前後画像

 基本的にタンク類は中を開けてメンテナンスする機会がありませんので、タンク内部が腐食して錆が発生していても気付かない事が多いです。その為、発生した錆が配管等を通ってフィルターを詰まらせたり、内部からの腐食によってタンク本体に穴開きを発生させてしまいます。

  • タンク内部が錆で腐食している / フィルターに錆が詰まった
  • 異物が混入した

 空気中に含まれる水分がタンク内部に溜まり、それが原因で錆を発生させます。その為、特に長期間に渡って使用している場合には内部の錆除去をお勧めしています。
 又、異物が混入した場合には全て薬品で洗い流し、フィルターに異物が詰まらない様に洗浄しています。

 

 当社では高温・高圧の蒸気で内部洗浄を行ったり、種々の薬品を用いて錆等の異物除去をしています。
 又、当社にて内部汚れが酷いと判断した場合には、写真の様にタンク本体を分割して内部洗浄する事も可能です。「古くて製品が無い」と諦める前に、当社まで一度ご相談下さい。

各種タンク/内部コーティング画像 各種タンク/内部コーティング画像

 当社では高温・高圧の蒸気で内部洗浄を行ったり、種々の薬品を用いて錆等の異物除去をしています。
 又、当社にて内部汚れが酷いと判断した場合には、写真の様にタンク本体を分割して内部洗浄する事も可能です。「古くて製品が無い」と諦める前に、当社まで一度ご相談下さい。


 当社では前述の錆除去作業後に特殊な溶剤を用いて内部をコーティングする事をお勧めしております。この内部コーティングを施す事により、錆の発生を通常よりも長く抑えて腐食を遅らせます。
 特に長く乗られる旧車オーナーの方々には好評で、他にも二輪車用の燃料タンクにも施す事が可能です。

 但し錆が全く発生しない訳ではありません。飽くまでも錆の発生を極めて遅くするだけとなりますのでご注意下さい。又、時間を掛けて乾燥させないと密着不良が発生しますので、内部コーティングの場合は4〜6営業日程度のお時間を頂戴しています。

各種タンク/内部コーティング画像

内部コーティング後

 当社では前述の錆除去作業後に特殊な溶剤を用いて内部をコーティングする事をお勧めしております。この内部コーティングを施す事により、錆の発生を通常よりも長く抑えて腐食を遅らせます。
 特に長く乗られる旧車オーナーの方々には好評で、他にも二輪車用の燃料タンクにも施す事が可能です。

 但し錆が全く発生しない訳ではありません。飽くまでも錆の発生を極めて遅くするだけとなりますのでご注意下さい。又、時間を掛けて乾燥させないと密着不良が発生しますので、内部コーティングの場合は4〜6営業日程度のお時間を頂戴しています。

改造加工
各種タンク/改造加工前後画像 各種タンク/改造加工前後画像

 当社では既存タンク類をベースとした改造加工も行っています。下記の事例の様な内容も施工可能ですので、諦める前に当社まで一度ご相談下さい。

  • 本体サイズを小さくしたい
  • 配管の位置変更をしたい
  • 給油口の位置変更をしたい
  • ドレンコックを増設したい
  • メンテナンスハッチを増設したい

 

各種タンク/給油口移設加工前画像

給油口移設加工作業

 改造に必要なパーツはお客様から支給して頂くか、代わりに弊社でご用意する事も可能です。又、補修作業同様に材質はスチール・アルミニウム・ステンレスを問いません。
 又、写真の様にパーツの位置調整の場合にはタンク本体に記述して頂くか、寸法が記入された簡易図面を添付して下さい。不明な点があった場合には、現品到着後に当社よりご連絡を差し上げます。

 尚、メインタンクのサイズ調整を行った場合には燃料ゲージの調整が必要になる場合がございますが、弊社ではタンクの改造・加工までしか行えません。予めご了承下さい。

新品販売
燃料タンク/新品画像 燃料タンク/新品画像

 当社ではYSタンク株式会社(http://ystank.co.jp/)様の新品サブタンク製品を取扱いしています。又、製品が必ずしも車両に合致する訳ではありませんので、当社では新品燃料サブタンクをベースとして車両に併せた改造・加工も承っております。

  • 純正品が欠品しているので新品タンクが欲しい

 製品の詳細に関しましてはYSタンク株式会社様ウェブサイト → 燃料サブタンク → 「カタログを見る(PDF)」をご覧下さい。又、弊社にご注文頂く際にはYSタンク株式会社様の品番をお伝え下さい。

 又、新品の状態で内部コーティングを行いますと製品寿命が格段に延びますので、こちらも併せてご検討下さい。

当社に修理品を送る場合

 当社まで修理品を送って頂く際には、他の荷物等を汚してしまう可能性がございますので必ず内容物が外部に漏れ出さない様に梱包して下さい。

  • 内容物が漏れ出さない様に、必ず内容物は抜き取って下さい。
  • 各ホース口はガムテープ等で塞がずに、ビニール袋で覆って輪ゴム等で止めて下さい。
  • 配送中に修理品が破損しない様に梱包して下さい。
  • 必ず段ボールにて梱包して下さい。ビニール袋の状態ですと輸送して頂けません。
  • 段ボール本体には目立つ様に「壊れ物」と記載して下さい。

  1. 内容物を抜き取ります。
  2. 内容物が可燃性の場合には必ず揮発させて下さい。静電気等の理由により輸送途中で引火爆発する可能性があります。
  3. キャップ・ゲージ類は取り付けた状態にして下さい。
  4. ホース口に要らないウエスを詰め込み、残留している内容物が流れ出ない様にして下さい。ティッシュでは溶けてしまいますので、必ず布でお願い致します。
  5. その後、パイプ口をウエス毎、ガムテープで塞がずにビニール袋で包んだ上で輪ゴム等で止めて下さい。
  6. 本体を大きめのビニール袋(ゴミ袋等)で包み、その上からコアが傷付かない様にダンボールで覆って下さい。
  7. 最後に丸めた新聞紙等の緩衝剤を詰め、段ボールで梱包して下さい。
各種タンク類補修専門ウェブサイト

 当社では、燃料タンク・作動油タンク・エアータンク等々の専門ウェブサイトをご用意致しております。

 こちらのウェブサイトでは各種タンク類に特化した内容でご案内を致しており、更にウェブ上で簡単な見積りが可能な「Web簡単見積り」をご用意致しております。今までは当社にお問合せを頂いてからお見積り・ご提案とご不便をお掛け致しておりましたが、こちらのウェブサイトではお客様ご自身で簡単な見積りが出来る様にウェブで完結する見積りシステムを準備致しました。
 又、補修事例等も掲載しておりますので、当社ではどの様な補修内容が可能なのか等々のご参考にして頂きたく思います。

 

お問い合わせ
ページのトップに戻る
お問合せ