サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

本日から今年の営業再開です

 平素は当社をご利用頂きまして誠に有難うございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 昨日の熊本地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。気温が低い中での被災により避難された方々は特に健康面が心配です。昨年の北海道厚真町の地震の記憶も当事者以外は薄れつつありますが、災害はいつ起こるか判りませんので改めて日々の訓練・準備が必要と新年に改めて思う次第です。

 
 

 

 さて、当社ウェブサイトをリニューアルしました。基本的なデザイン・配置は変更しておりませんが以前より事例を多く掲載しています。又、用途・形状・目的から当社サービスを見つけ易い様にし、サイト内検索も可能にしました。
 これに伴い不具合や表示がおかしい箇所がございましたら、お手数でもご一報頂けますと幸いです(表示が崩れている場合はGoogleChrome・InternetExplorer・Mozilla Firefoxそれぞれ最新版でご利用下さい。推奨ブラウザはGoogleChromeです)。

 


 

 自動車業界は100年に一度の変革期と呼ばれておりますが、自動車用熱交換器の取り扱いがある当社も他人事ではありません。
 政府発表では景気は上向きとされていますが日々の生活では実感が薄いと思っており、特に自動車用熱交換器部品はデフレーションが続いています。海外製の出自が不確かで安価な製品が特にインターネット上で氾濫している昨今、同業他社間での価格競争も激化しています。
 この現象が長く続けば当事者は勿論、メーカーや問屋まで疲弊し、必ず品質の低下が発生します。これが他の業界には頻発している品質の偽装に繋がるのではないかと考え、又、他の業界で発生した事なら我々の業界でいつ起きても不思議ではないと思います。

 熱交換器部品以外にも当て嵌まりますが、特に工業製品は価格相応であり、品質と価格は同等になると考えています。熱交換器も消耗品ではありますが最低限度の品質保証が必要である以上、それをお客様にお伝えしてご理解頂くPR活動が当社の課題になります。
 ただ、このPR活動を当社のみが行っても当社のお客様にしか届けられません。業界全体で取り組まなければならない課題として、メーカーや問屋を含めた同業他社間での意思の疎通が必要だと考えています。今後、どの様にして顧客満足度を更に上げてお客様にとって自社がオンリーワンであり続ける事が出来るのか、基本に返って考える必要があります。

 若干、暗めの内容となりましたが、昨年よりも更なる危機感を持って本年の営業に臨みたいと思います。改めまして、本年も宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る