サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

水分補給とか

 当社の取り扱い商材の大半は特にこれと言ってお知らせする事が少ない為、更新する機会も少ないのです。仕方が無いので資料のはらわたでお茶を濁していますが、今回はおばあちゃんの知恵袋的なご案内です。

 

 

 最近は新型コロナウイルスのニュースが多く我らが北海道でも亡くなった方々がいらっしゃいますが、出歩かないで人と接触しないのが一番とか。そりゃそうですよね。
 とあるメーカーの方とお話していた際に、要約すると「口とか鼻からウイルスが侵入した場合には10~15分程度で呼吸器系に移る可能性があり、そうなると肺炎とかややこしい状態になる事があります。なので、その間隔で水分を摂ると喉の粘膜に付着したウイルスが呼吸器系ではなく消化器系に流し込まれ死滅する確立が高くなります」との事でした。
 この行為が新型コロナウイルスに効くのかは不明ですが、特にこの季節は気温が低くて水分も控えめになりがちですので水分補給を兼ねてインフルエンザとか感染予防に努めるのが良いのでしょう。トイレは近くなりますが。

 あと、旧型コロナウイルスの場合ですが、空間の湿度を50%以上で保っているとウイルスの活動が顕著に鈍くなり蔓延し難くなると書かれている海外の論文も見せて頂きました。コロナウイルスに限りませんが冬は空気が乾燥して湿度が下がり各種ウイルスも活発になりお肌も乾燥しちゃうので、適度な湿度を保つ様に心掛けたいですね。
 因みに、加湿器には大きく分けて「蒸気式」「細霧式」「気化式」の三種類があり、それらを組み合わせた「ハイブリッド式」もあります。

  • 蒸気式 ・・・ 水を加熱して蒸発させる為、雰囲気温度も上がります。但し加熱するので消費電力が高くなります。
  • 細霧式 ・・・ 水を霧状にして蒸発させる為、気化熱が影響して雰囲気温度が下がります。加熱しないので消費電力を抑えられます。
  • 気化式 ・・・ 水を常温で蒸発させる為、緩やかに湿度を保ちます。
  • ハイブリッド式 ・・・ 上記の方式を組み合わせた方法です。ケース・バイ・ケースで加湿方法が変わります。

 全て一長一短がありますので、環境に合わせた方式を採用する必要があります。自宅の部屋でしたら何でも良いのでしょうけど、オフィスとか工場とかクリニックとか、不特定多数の人が動く環境ではランニングコストも考慮して現状に見合った方式を採用すると良いでしょう。

 

 

 あれ、そう言えば当社では業務用の加湿器を扱っていたぞ?

 

 現地調査を行い現状に合わせた方式・機種を選定します。北海道内であれば何処でも対応しますので、特に医療関係の方々はご連絡下さい。

>> お問い合わせフォーム <<

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る