サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「足寄動物化石博物館」編(No.013)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十三回目は「足寄動物化石博物館」です。

さて、このコンテンツを楽しみにしている全国の大きいお友達の一人から質問が寄せられました。
 
Q.これまで写真には他の人が殆ど写っていないけど貸し切りにしてるの?
A.そんな訳あってたまるか
 
【解説】ゆっくり見たいから来館者の少ない平日を狙って見学に行っているのと、人が居ても写真に写り込みしない様に注意して撮影しているのです。

 気を取り直して今回もさくっとご紹介。
 


 

 「足寄」は「あしょろ」と読みます。歌手の松山千春氏の出身でもありまして、足寄の道の駅である「道の駅あしょろ銀河ホール21」には氏のコーナーもあります。余談ながら「千春ありが塔」と言う名前の展望塔があります。本人含めて誰か止めなかったのか。
 
 
 

 車両扱いなんですね。
 
 
 

 これは何ぞ(正解は後述)。
 

レスポンシブでvhとかvwとか使う

 css3からレスポンシブに簡単に対応出来る様にviewport単位が導入されましたけど、使いどころを誤ると悩まされます。
 基本的にサイズ指定には%とかpxとかemとかありますけど、デバイスによって画面サイズが変わるとデザインが崩れたりしますので、色々と四苦八苦して七転八倒する訳です。それを解消する為のviewport uintsなんですけど、これが中々難しく。
 
 基本的にvh(高さ)とかvw(横幅)とかvmin(高さか幅の小さい方)とかvmax(高さか幅の大きい方)とかを使用しますが、vhは良いとしてvwで悩まされました。
 viewportはブラウザのサイズによって自動で変わるのは%と同じ扱いなんですけど、スクロールバーまで含んでのviewportなので横幅一杯で使うとスクロールバーの下に要素が隠れてしまうんですよね。なので、勝手に縦スクロールの幅分を表示する為の横スクロールが表示されるんです。最初、横スクロールが表示される意味が解らなくて悩んでいました。「何で勝手に16pxずれるの!」とか、もうプンプンです。でもviewportなので。已む無し。
 
 なので、横スクロールを表示させたくない場合の対処法としては二つ。
 ・はみ出た部分を「overflow: hidden」で隠す。
 ・そもそもviewportを使わない(%を使う)。
 
 borderとか%が使えないので擬似要素で横幅一杯に使いたい場合は悩まされるんですよね・・・。なので今回はviewportは使いませんでした。誤魔化しました。
 それと、擬似要素でviewportを使うとサイズによっては次の要素の上に被さるので、次の要素はz-indexで上にしておかないと困ります。知りませんでした。

資料のはらわた ~「釧路市鳥取百年館」編(No.012)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十ニ回目は「釧路市鳥取百年館」です。
 

 鳥取神社が管理・運営する施設です。三階建てで見た目はお城です。
 この資料館は、明治時代に鳥取県から移住された士族の方々が開拓した地区の開基100年を記念して、故郷・鳥取城をイメージして設立されたとの事です。
 
 
 

 神社の関連施設ですので、心静かに観覧しましょう。
 

資料のはらわた ~「厚岸町アイカップ自然史博物館」編(No.011)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十一回目は「厚岸町アイカップ自然史博物館」です。
 

 入り口はあるけど建物が無い。
 
 
 

 スーツと革靴で歩く事、5分。すれ違うハイキングの服装の方々から二度見される。
 
 
 

 見付けた!(テッテレー)
 
 
 
 手前に公園がありまして、その駐車場に小屋があります。中には妙齢の女性(おばちゃん)がおりましたので施設の場所を訊いたところ「おばちゃん:ここから歩いて5分だよ!」「中の人:え、5分も歩くの?」「おばちゃん:たった5分だよ!」「中の人:(おっさんには5分が辛い)」そんな感じです。
 

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る