サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「厚岸町アイカップ自然史博物館」編(No.011)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十一回目は「厚岸町アイカップ自然史博物館」です。
 

 入り口はあるけど建物が無い。
 
 
 

 スーツと革靴で歩く事、5分。すれ違うハイキングの服装の方々から二度見される。
 
 
 

 見付けた!(テッテレー)
 
 
 
 手前に公園がありまして、その駐車場に小屋があります。中には妙齢の女性(おばちゃん)がおりましたので施設の場所を訊いたところ「おばちゃん:ここから歩いて5分だよ!」「中の人:え、5分も歩くの?」「おばちゃん:たった5分だよ!」「中の人:(おっさんには5分が辛い)」そんな感じです。
 

 
施設名:厚岸町アイカップ自然史博物館
URL:http://www.fsc.hokudai.ac.jp/nakaoka/museum.html
場所:〒088-1113 北海道厚岸郡厚岸町愛冠

休館日:毎週月・火曜日
開館時間:9:00~16:30
料金:無料
 
※「厚岸町・緑のふるさと公園」の駐車場から徒歩5分程度です。
 
 

 玄関と受付のドアの開きが渋い。とにかく渋い。見学料金を徴収してドアの修繕費に利用して貰いたい位に渋いです。
 
 
 

 入って左側が展示ロビーです。
 
 
  

 このエリアで常設展示なのは、この北海道の模型だけでしょうか。
 
 
 

 クジラの骨のサンプルとか鹿の角のサンプルとか貝とか。
 
 
 

 煮ても焼いても美味しいよね!
 
 
 

 エゾサンショウウオの生体が展示されてました。可愛い。
 
 
 

 エゾサンショウウオの赤ちゃん。小さくて可愛い。
 
 
 

 展示ロビーの反対側の研修室では極端に大きい亀がお出迎え。左側のアカウミガメは浦島太郎に登場した亀のモデルとなったらしいです。右側の亀はオサガメで、亀の中では最大らしく熱帯の海に居るらしいです。
 
 
 

 研修室なので、普通に椅子と机があります。
 
 
 

 床には本物の昆布が・・・。手前の長い方の昆布の名前は「ナガコンブ」と言う名前らしいです。そのままやないかーい。
 
 
 
ここをクリックするとホルマリン漬け標本が表示されますので苦手な方はご注意下さい

 この中で研修するんだ・・・。

 
 
 

 いざ展示室へ。尚、玄関から展示室までのルートには7匹の亀が展示されています。それについての説明が見当たらなかったので、この亀推しに対する謎は深まるばかりです。
 
 

 ようやく展示室です。ここでは亀ではなく鹿がお出迎え。展示室は回廊構造になっており、中央部分は明り取り用の中庭になっています。
 
 
 

 絶滅危惧種で天然記念物のシマフクロウです。威風堂々。そりゃアイヌの方々もカムイとして敬いますよね。このシマフクロウの剥製を挟んで、厚岸町の気候風土に関する説明パネルがあります。
 
 
 

 この展示室は6つのブロックに分かれて展示されています。先ずは哺乳動物から。
 
 
 

 オッス、オレ、ヒグマ!(勝てる気がしない)
 
 
 

 

 ヒグマの後に見るので余計に心が安定します。可愛い。
 
 
 

 次は鳥類のコーナーです。
 
 
 

 特別天然記念物のタンチョウです。一時期は絶滅したかと思われていましたが、各関係者の頑張りで数が増えているみたいです。
 
 
 

 

 写真でも解ると思いますが、ここは剥製が豊富にあります。動物園の生体展示の良さもありますが、剥製は色々な角度からゆっくり見学出来ますので鳥に興味のある方は良いでしょうね。
 
 
 

 小さい可愛い。小さいのに頑張って狩りをする姿を思い浮かべて二度可愛い。
 
 
 

 魚類のコーナーです。大半がホルマリン漬け標本になっている為、苦手な方はご注意下さい。
 
 
 
ここをクリックするとホルマリン漬け標本が表示されますので苦手な方はご注意下さい

 大量の標本が。夜は気味悪いですね。
 
 
 

 

 

 

 これ全部が大小様々なホルマリン漬け標本です。
 
 
 

 火事の時に慌てて標本をぶちまけません様に・・・。
 
 
 

 昔、プレコを飼育していたんですけど、環境が良かったのか丸太みたいに育ったのを思い出しました。
 
 
 

 

 貝のコーナーです。とりあえず全部が美味しそうに見えて困りますよね・・・。醤油バターが最高。
 
 
 

 頑張って大きくなってご馳走様です!
 
 
 

 「アオイガイ」と言う貝に似たタコの殻なんですって。貝じゃないなら何でこんな名前を付けるのか。詳しくはWikipedia(カイダコ)で。
 
 
 

 シャレオツな引き出し収納が。
 
 
 

 開けると貝が。一つの引き出しが種類別になっており、無数の貝の標本が収められていました。
 
 
 

 ここから昆虫のコーナーです。苦手な方はご注意下さい。
 
 
 
ここをクリックすると昆虫標本が表示されますので苦手な方はご注意下さい

 

 

 

 

 

 小さい昆虫も丁寧に標本化しているんですけど、小さ過ぎて視力が落ちた中の人には辛い・・・。最後の写真の右側のガラスが割れていますけど、これは最初から割れていたんだからね!
 
 
 

 キノコのコーナーです。
 
 
 

 全部が漢方薬に見えます。
 
 
 

 石のコーナーです。あんまり石には興味が沸かないのでさらっと。
 
 
 

 

 

 これ全部が大理石なんですって。こんなに種類があるのか・・・。そして、何故かお高いチョコレートに見えてきます。お腹空いているのかな・・・。
 
 
 

 最後は化石のコーナーです。
 
 
 

 やっぱり貝類は化石に残り易いんですかね。
 
 
 

 厚岸町で発掘された化石標本です。
 
 
 

 

 掲載している写真数は少ないですが、この様に化石類の展示も豊富です(種類問わずに展示品の全てを撮影していますがあんまり石ばっかり並べてもね)。
 
 
  

 安定のアンモナイトの化石です。そうだ、三笠市立博物館に行かないと。
 
 

 帰り道で狐の親子に遭遇しました。写真だと見辛いんですけど、親狐の足元に二匹の子狐がじゃれています。
 
 
 

 かなり距離が近いんですけど子狐は警戒感皆無で可愛い。でも餌やりは厳禁です。

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る