サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「標津サーモン科学館」編(No.014)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十四回目は「標津サーモン科学館」です。
 

 何かイメージしていたのとは異なり、すげー立派な施設でした。
 
 
 

 一般的な博物館とかに比べると料金がお高く感じるかも知れませんが、内容を鑑みると妥当です。それでも高いと思うなら20名以上の団体で行くと良いでしょう。それか70歳になるまで我慢するか。
 
 
 

 

 
施設名:標津サーモン科学館
URL:http://s-salmon.com/
場所:〒086-1631 北海道標津郡標津町北1条西6丁目1−1

休館日:5月~10月は無休
開館時間:9:30~17:00
料金:610円
 

 撮影のコツの他にWi-Fi完備。話の解る施設で何よりです。
 
 

 入ってすぐにサケの珍しい化石が展示されていました。アイヌの方々がサケの皮で衣服を作っているのは他の資料館等でよく見掛けましたが、確かにサケの化石は初めてかも知れません。
 
 
 

 だそうです。
 
 
 

 入ってすぐはこんな感じです。入ってすぐの空間は、敢えて暗くしてあるみたいですね。それと車椅子用のエレベータ完備でバリアフリーも完璧。
 
 
 

 シアタールーム完備。但しサケのみ。
 
 
 

 いきなりサケとは無関係で圧倒されますが、勢いで進む姿勢は見習いたいです。因みにドクターフィッシュってコイの仲間なんですよ。
 
 
 

 大水槽です。これが良く見える様に暗めにしてあるのでしょうね。そして、ゆっくり見られる様にベンチが設置されています。講堂の様な造りになっていますけど、団体向けの説明とかにも利用するのでしょうか。
 
 
 

 近付くとこんな感じです。普通に巨大で圧倒されます。
 
 
 

 お魚が一杯。美味しそうに思えるのは人間の性ですかね。
 
 
 

 魚のジャンルに合わせて3つの中水槽があります。1つ目にはフグとアイナメが。
 
 
 

 2つ目にはオオカミウオが。美味しいんですかね。
 
 
 

 3つ目にはイワナとベニザケ(ヒメマス)です。塩で美味しく頂きたく・・・。
 
 

 あと、館内のあちこちで「イクラちゃんクイズ」が出題されています。
 
ここをクリックすると答えが表示されます

 バーブー!
 
 
 

 「ゆでると、赤くなるよ!」との事。そりゃそうだ。そして性転換するんですね・・・。言うよね~!
 尚、ホッカイシマエビはお高いんですよ!美味しいですけど!
 
 
 

 

 ユムシ・・・。食用なんですね・・・。ぷっちょの容器に見えて仕方がありません。あれ、若しかして・・・。
 
 

 魚道水槽です。季節に応じて展示内容が変わるそうです。こちらも大水槽と同じくベンチがあるのでゆっくり見られます。
 
 
 

 この水槽は外になっているので、真横から見るとこんな感じになります。
 
 
 

 なんかすげーでっかいのが居るんですけど。
 
 
 

 あっ・・・(合掌)。
 
 

 ケンカに負けたオスの表情が悲しい・・・。
 
 

 「幻の魚」と呼ばれるイトウのコーナーです。一応、サケの仲間に分類されるらしく、日本では北海道の一部にしか生息していません。又、数も減っている為に北海道レッドデータブックでは絶滅危惧種に指定されています。
 
 
 

 イトウがたくさん・・・あれ・・・幻とは一体・・・。あと、有料ですが餌やりも出来るそうです。
 
 
 

 標本です。こんなに大きくなるんですね。何人前かしら。記録によると、これよりも大きくて2Mを超えるイトウも捕獲されたの事です。何十人前かしら・・・。
 
 
 

 同じく川魚でニジマスとかウグイとかのコーナーです。
 
 
 

 釣り放題(釣りは禁止です)。
 
 
 

 上からも泳いでいる姿を見られます。
 
 
 

 お待ちかねのイクラちゃんクイズです。
 
ここをクリックすると答えが表示されます

 ハーイ!
 
 
 

 美味しいから養殖するのも已む無し。
 
 
 

 やっぱり考える事は一緒なんですね。個人的には炙りサーモンの方が好きですが。
 
 

 ここからはチョウザメのコーナーです。
 
 
 

 当たり前ですがチョウザメしか居ません。
 
 
 

 勝手に砂漠のイメージがありますが、確かにイランには海がありますもんね。あと、ロシアのキャビアは有名ですよね。
 
 
 

 あれ、何か展示の方向性が・・・。
 
 
 

 まさかの。
 
 
 

 「指をかじられてみよう!」。こんな日本語を目にするとは・・・。
 
 
 

 そう言う問題ではないと思うのです。しかも「そんなに」なので痛いのは痛いのでしょうね・・・。
 
 
 

 この証明書は一体何の役に立つのか。なめ猫みたいな証明書なら良いのですが。
 
 
 

 ご丁寧にビギナー用の水槽まで完備・・・。
 ここだけの話ですが、ビギナー用ではない本水槽で餌を撒かずに念の為に指を入れてみたところ、普通に勢い良く噛まれました。餌いらないじゃん・・・。
 
 
 

 このチョウザメの水槽の上にクマの剥製があるんですけど。魚を狙っている様に見えて仕方がありませんが、それを狙って展示しているのでしょうね。
 
 

 ・・・。
 
 
 

 ・・・。
 
 ・・・・・・。
 
 ・・・・・・・・・。
 
 
 

 
 

 
ここをクリックすると答えが表示されます

 
 
 

 

 北海道の川に生息する生き物のコーナーです。知らない生き物が一杯。
 
 
 

 よく見るとスジエビが居ます。食べるところが少ないので興味が湧きません。
 
 
 

 イトウのコーナーからチョウザメにかじられてみよう!のコーナーを上から眺めたところです。全体的に起伏があるので、こうやって上から眺める事が出来るのは楽しいです。
 
 
 

 

 小さいのが一杯!
 
 
 

 早く大きくなって美味しくなーれ♪
 
 
 

 えぇ・・・(混乱)。
 
 

 休憩室兼展示室です。ここでは割と雑多な内容となります。
 
 
 

 

 

 

 熱帯魚のコーナーです。
 
 
 


 サケに関する情報をパネル等でご案内。
 
 
 

 歴史や漁法から始まり・・・。
 
 
 

 料理まで。揺り篭から墓場まで的な。
 
 
 

 自撮りは無理でした。
 


 

 
ここをクリックすると答えが表示されます

 

 
ここをクリックすると答えが表示されます

 
 
 

 展示室を抜けると展望室があります。エレベーターで30Mまで上がります。
 
 
 

 エレベーターの中でもイクラちゃんクイズ。こうやって飽きさせない取り組みは大事だと思います。
 
 
ここをクリックすると答えが表示されます

 
 
 

 このサーモン科学館は標津川(写真左側)から水を引き込み利用している為、川沿いに位置します。
 
 
 

 それなりに天気が良かったのですが沖縄県は見えず。残念。
 
 
 

 展望室にもイクラちゃんクイズ。
 
 
ここをクリックすると答えが表示されます

 まぁ、そりゃそうだろうな、としか。
 
 

 最後のイクラちゃんクイズです。
 
 
ここをクリックすると答えが表示されます

 もうサケ関係ねぇ!

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る