サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「池田町郷土資料館」編(No.015)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第十五回目は「池田町郷土資料館」です。
 

 この建物は旧高島中学校になり、校舎の一部を改装して資料館にリニューアルしていました。
 
 
 

 冬季は休館してます。寒いですしね。
 
 
 

 この資料館は二階建てになり、教室を再利用していますので基本的に広々しています。
 

 
施設名:池田町郷土資料館
URL:https://www.town.hokkaido-ikeda.lg.jp/kikan/kyoiku/shakai-geijutsu/syakyou-bunka-shisetsu/siryoukan/4293.html
場所:〒089-3152 北海道中川郡池田町高島81−1

休館日:11月~4月(金・土・祝祭日が休館日)
開館時間:10:00~16:00
料金:無料
 
 

 吹き抜けのロビーで開放感に溢れています。ここのパネルには、高島地区の成り立ちや資料館の元になった高島中学校の歴史、池田町の成り立ちや概要が展示されています。掴みとしては非常に解り易いです。
 因みに、中央の階段の裏側には十勝ワインの成り立ちのパネルがありました。
 
 あ、入り口にセンサーがあって来館者が来たら隣の事務室から管理人さんが来られます。ぱっと見ると受付とか無いからどうしようかと思ったんですよね。
 
 
 

 池田町と言えばワイン。なのでタイムカプセルがワイン樽でした。センス良いね。
 
 
 

 

 ロビーから通路はこんな感じです。校舎の名残が色濃く残っています。因みに高島中学校は池田中学校に統合されました。
 
 
 

 ここは1Fのガイダンス展示室になり、池田町の歴史を先史時代から現代に続くまでパネルや展示品で説明しています。
 
 
 

 

 パネルの一枚一枚の情報量が多く、写真も豊富にあるので非常に解り易いです。
 
 
 

 又、パネルの内容に関連するその当時の品々も展示されています。
 
 
 

 こちらは戦時のパネル前の展示品です。薬莢、勲章、爆弾の破片等。
 
 
 

 

 展示室の中央には石器・土器や生活用具等を展示。
 
 
 

 あれ、犬のニッパーは・・・?
 
 

 ここは農業に関する収蔵室1です。
 
 
 

 基本的に収蔵室なので詳しい説明はありませんが、大体は何となく解ります。かの黄色い服を着たカンフーで有名な故人も「考えるな、感じろ」と仰っていましたし。
 
 
 

 隣の農業に関する収蔵室2です。
 
 
 

 こちらも収蔵品がずらり。
 
 
 

 家畜用の医療器具の展示って始めて見た様な気がします。
 
 
 

 この収蔵室2の一部は、元は校長室との事(残りは保健室)。収蔵室1は職員室。これはこのまま、校舎の歴史として残しておいた方が良いですね。
 
 

 向かい側は消防関係の収蔵室です。
 
 
 

 纏とか鳶口とか展示されているので、消防と言うより火消しっぽいですけど。
 
 
 

 こっちは消火ポンプが展示されているので消防っぽくなってます。
 
 

 隣は林業に関する収蔵室です。
 
 
 

 

 意外と林業の収蔵が少ないんですね。池田町って60%は森林なんですけどね。
 
 

 ここは2Fの生活に関する収蔵室1です。
 
 
 

 

 生活用品が溢れています。
 
 
 

 落雁の型です。こんなに細かいんですね。
 
 
 

 こっちは煎餅とか鯛焼きとかきんつばとかの型です。
 
 
 

 一角に校長先生の机が。因みに、左下にあるのは羊羹の型です。
 
 
 

 

 壁一面にも収蔵品の数々が。
 
 
 

 こんな所にニッパーが居た!形状は違いますけど、さっきの蓄音機の隣に置いてあげて下さい。
 
 

 隣の生活に関する収蔵室2です。こちらは割と大き目の収蔵品が集められています。
 
 
 

 

 居間も再現されています。
 
 
 

 このサイズの鉄の容器を見るとニシン釜かと思いますが、これは五右衛門風呂です。
 
 

 教育・書籍・文書・写真の収蔵室です。
 
 
 

 

 やっぱり元は学校なだけあって教科書が多かったです。他には当時の写真やらチラシやらの紙資料がありました。
 
 
 

 奥の棚には学校で使用されていた用具等。ソロバンを見ると自動的にトニー谷が思い浮かぶのは心の病ザンス。
 
 

 戦時資料の収蔵室です。
 
 
 

 基本的に衣類とか紙資料とかで、物騒なモノは展示されていないのでお子様にも安心です。
 
 
 

 

 国から下賜された賞状とか感謝状とか勲章とか大量の戦時債券とか。この賞状とか勲章とかを貰う為に無理したり強要されたりしたんだろうなーと感じたり。
 
 

 埋蔵文化財の収蔵室です。
 
 
 

 池田町の遺跡から発掘された石器や土器です。遺跡に関しては一番最初のガイダンス展示室にて詳しく展示されています。
 
 
 

 遺跡から発掘された墓跡を切り取り保存したらしいです。
 
 

 最後に控えるは、皆お待ちかねの鉄道に関する収蔵室です。
 池田町は、当地から北見市まで繋ぐ池北線(ちほくせん)の後継である「ふるさと銀河線」の起点でもある為、こうした鉄道に関する資料が多いです。
 
 
 

 

 

 

 大量。そう言えば、他の収蔵室には無かったのですがこの鉄道コーナーに関しては監視カメラがありました。それだけマナーが悪かったりモラルが無い人間が鉄道関連には多いのでしょうかね。
 
 
 

 

 これは何かなーと思ったら、全国各地の駅のスタンプ帳でした。
 
 
 

 何となく手に取って開いてみたら、まさかのロープウェイ・・・。しかも函館・・・。
 それにしても、これ全部にスタンプが収められているのが凄いです。特に記載は無かったのですが、有志によって集められたんですかね。これは流石に一人じゃ難しいでしょうし。
 
 
 通常、こう言う資料館とか博物館にはBGMが流れておりません。たまに流れていても落ち着いたクラシック音楽が流れているのですが、この資料館ではずっとドリカム。ずーっとドリカム。しかも結構な音量で。
 中の人の好みかと思いきや、よくよく考えてみたらボーカルの人って池田町出身なんですよね。なんか、そんな感じの記念館みたいなのも池田町の何処かにあった筈です。ワイン城の近くだった様な。

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る