サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「中川町エコミュージアムセンター」編(No.021)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第二十一回目は「中川町エコミュージアムセンター」です。
 

 ここは学校施設を改修した複合施設になりまして、宿泊設備や調理室も揃っている宿泊型研修体験施設です。その一角に「自然誌博物館」があり、今回はその博物館にお邪魔しています。

 

 
施設名:中川町エコミュージアムセンター
URL:http://city.hokkai.or.jp/~kubinaga/
場所:〒098-2625 北海道中川郡中川町安川28−9

休館日:毎週月曜日
開館時間:9:30~16:30
料金:200円
 
 
 館内の見取り図です。基本的に化石がメインの博物館となりますが、途中途中で中川町の概要も含まれています。

 入ってすぐ。体育館跡ですかね。

 いきなりクイズです。どちらかがレプリカなんですがじっくり見ても判りません。気になる正解は最後で!

 地球の歴史のコーナーです。化石(レプリカ含む)等の実物に合わせて金子三蔵氏による太古の頃のイラストが展示されています。

 有名な始祖鳥の化石のレプリカです。鍋敷きにしたらステキですよね。

 ドラゴンボールではなく松脂に取り込まれた昆虫です。ここからジュラシックパークが始まるのですね・・・。

 ここからは化石のコーナーです。そもそも化石とは何か等、化石についての基礎知識が学べます。

 色々なアンモナイトが展示されています。大きさや形状だったり、置換された化石だったり諸々。個人的には置換化石が好物です。鉱物なだけに。

 もしもアンモナイトが生きていたら(ドリフ風味)。

 ここから中川町が海だった頃のコーナーです。


 

 これはエコミュージアムセンターの10周年を記念した特別展示になりまして、中川町で発掘された「異常巻アンモナイト」の化石です。正直キモい。

 この博物館の目玉であるクビナガリュウの化石です。でかい。本当でかい。

 理想的なのは左の場合なのでしょうね。


 

 発掘体験が出来るそうなんですが、猫を飼っているとどうしても巨大な猫トイレにしか見えないんですよね。

 ここからは中川町の自然の様子のコーナーです。化石や現在の状態を比べて紹介されています。

 


 
 さて、冒頭のレプリカのクイズの答えです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 判りません(訊くのを忘れてました)。

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る