サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「浜中町総合文化センター郷土資料展示室」編(No.024)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第二十四回目は「浜中(はまなか)町総合文化センター郷土資料展示室」です。
 
 ちょっと建物が判らなくてグルグル回った挙句、駐在所を見付けたので場所を聞いたら道路を挟んで向かい側にありました。

 中の人「ここら辺に資料室とかある筈なんですが何処にありますかね?」
 警察の中の人A「えー・・・ここら辺にそんなものあったっけ?」
 警察の中の人B「いや聞いた事ないっすね・・・」
 中の人「文化センターの中にあるみたいなんですけど」
 警察の中の人B「文化センターならそこですよ、その建物です」
 警察の中の人A「あー、なんかあったわ・・・でも大した内容じゃないよ?」

 とかそんなやりとりがあって、ようやく発見。でも安心したのか建物外観写真を撮り忘れる失態を・・・。
 
 


 
施設名:浜中町総合文化センター郷土資料展示室
URL:http://www.hamanaka-lupin.com/arspot/hamanaka_sougou_bunka_center.html
場所:〒088-1553 北海道厚岸郡浜中町霧多布西3条1丁目47

休館日:浜中町役場商工観光課(0153-62-2111)までお問合せ下さい
開館時間:浜中町役場商工観光課(0153-62-2111)までお問合せ下さい
料金:無料
※中の人は平日の良い具合の時間帯に行った為に詳細が不明ですが、恐らく日曜・祝祭日は休みで9時から16時頃までじゃないかと思いますけど、間違えてたらアレなので予め商工観光課までお問合せ下さい。そして中の人にもそっと教えて下さい。
 
 
 文化センターに入って左側に窓口がありまして、そこに居る方に声を掛けたら見学可能です。
 
 中の人「すいません、郷土資料展示室を見学したいんですけど」
 係員の中の人「え!見学ですか!?」
 中の人「はい(え、見られたらヤバイものでもあるのか)」
 係員の中の人「ここに赴任して始めての事なのでびっくりしました!」
 中の人「お、おう」

 エントランスから眺める。
 警察の中の人Aからは「大したことない」とか言われていたので期待していなかったんですけど、いやいやいやいや、普通にちゃんとした展示室じゃないですか。デマか。警察官がデマか。って言いますか恐らく見てないですよね。

 先ずは浜中町付近の原生花園情報から。
 浜中町には「霧多布(きりたっぷ)湿原」と呼ばれる、泥炭層による湿原があります。ここは道内各地の湿原を凌駕する程に初夏から秋に掛けての花々が咲き誇り、湿原の中心部分は天然記念物に指定されています。又、霧多布には天然記念物の丹頂だったり湿原からちょっと離れた場所にある小島には日本で少なくなったエトピリカも生息しています。
 この様に北海道は道北から道東に掛けて原生花園の宝庫です。何故なら土地の大半が自然のままだから・・・。開発しない勇気・・・!

 ここは浜中町の旧石器時代からアイヌ文化時代までの展示コーナーです。但し、旧石器時代のパネルには「この時代の遺跡や遺物はまだ発見はされていません」との事。えぇ・・・。

 これで旧石器時代にタイムスリップしても安心ですね。

 松前藩の設立以前からと、我らが松浦武四郎先生による開拓までのパネルです。

 ここは浜中町に生息する動物のコーナーです。基本的にはいつも通りです。

 キツネ可愛いよキツネ。でも病気がね・・・。キツネには罪が無いだけに可愛そうですよね・・・。
 そう言えば中の人は野良猫に懐かれる病気を抱えているのは有名ですけども、実はここだけの話なんですが野良キツネにも懐かれる病気も抱えています。今まで野良キツネを見掛けなかった場所に中の人が頻繁に出没する様になると、野良キツネもそれに釣られて出没する様になりました。近所迷惑なおっさんだ。先日、二匹と目が合いました。

 盆踊り風味でもヒグマはヤバイ。マジやばい。油断させておいてサクッとやるつもりです。春と秋の山には特にご注意を。

 明治の中頃はニシン漁と昆布漁が中心産業だったとの事。ニシンの昆布巻きが浜中町で完結しますね。良かった良かった。因みに昆布の生産量は北海道がダントツ一位ですが、浜中町はその中でも上位です。

 昆布漁の実物サイズのジオラマです。

 実はこの展示室の二階は図書館になっているのですが、吹き抜けになっていて図書館側からですと上から眺める事が出来ます。斬新。因みに、これは展示室に案内して頂いた職員さんから寄せられた情報を元にして二階の図書館まで行って撮影しました。

 浜中町ではニシン漁の不漁が続いた時に捕鯨にも力を入れてました。コイワシクジラ・ザトウクジラ・セミクジラ・ナガスクジラ・マッコウクジラ・シロナガスクジラが獲れたそうです。結構、色々な種類のクジラが獲れるんですね。

 クジラは獲って終わりではなく、食料から雑貨まで形を変えて捨てる部位がありません。捨てる部位がありません。大事な事なので二回書きました。脂だけ絞って終わりとか、そんな杜撰な事をしないのが日本人です。しかも鯨神社まで建立して慰霊するのが日本人です。
 因みに、写真の白い棒はクジラの骨で作った骨刀です。木刀の骨版です。

 こちらは漁具のコーナーです。ニシンだけではなくて他にも鮭・鱒・鰤・鰈・鱈・鮪も水揚げしていましたので、それらに使用する漁具の変遷です。書いていたらお腹空いてきた・・・。お寿司食べたい・・・。

 当時の家の様子です。こんな家に住んで居たら猫に爪とがれ放題ですよ。

 開拓時代のパネルです。大正12年から入植が始まり、その後の14年間で約6倍の698戸まで増えています。
 余談ながら、浜中町は漁業だけではなく農業→酪農へもシフトチェンジして成功しています。特に酪農ではみんな大好きハーゲンダッツの原料となる生乳が生産されています。

 ここからは生活のコーナーです。

 学校教育、行政、消防、交通、通信、商工業のそれぞれの歩みのコーナーです。

 最後は災害のコーナーです。
 十勝沖地震で大ダメージを負った後の8年後に、元々は半島だった霧多布を島にしてしまうレベルの津波を起こしたチリ沖地震で更に大惨事に見舞われました。チリって地球の反対側なんですけどね・・・。

 


 
 浜中町はルパン三世で有名なモンキーパンチ氏の出身地です。この文化センターのホールではそのモンキーパンチ氏に因んだグッズや原画が展示されていました。

 一緒に写真も撮れます。個人的には不二子ちゃ~んと撮影したいところ。

 100個以上のルパン三世関連のジッポが展示されています(数えたら124個ありました)。

 原画も普通に多数展示されています。でも日光が当たる場所には展示しないで頂きたく・・・。

 


 
 職員さんに郷土資料展示室の観覧が終わった後は声を掛けて終了です。ここに限らずですが、声を掛けて開錠して頂く資料館とかは終わった後は必ず声を掛けて施錠して貰いましょう。
 
 中の人 「あ、見終わりました。有難うございます」
 最初に声を掛けて開錠して貰った職員さん 「こちらこそ有難うございます!」
 中の人 「お巡りさんに大した事ないとか言われたんですけど、見応え充分な内容でしたよ」
 職員の中の人 「有難うございます!立派な内容なのでもっとたくさんの人に見て貰いたいんですよね!」
 
 
 ここに限らずですが、お巡りさんを始めとしてもっと郷土について学ぶ為に見に行こうぜ!

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る