サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「遠軽町埋蔵文化財センター」編(No.032)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第三十ニ回目は「遠軽(えんがる)町埋蔵文化財センター」です。
 

 遠軽町役場白滝総合支所内に、白滝ジオパークと埋蔵文化財センターがあります。昔、白滝村として独立していましたが遠軽町等と合併して遠軽町になりました。

 1Fがジオパーク(無料)で2Fが埋蔵文化財センター(有料)です。

 

 
施設名:遠軽町埋蔵文化財センター
URL:http://engaru.jp/geo/maibun.information.html
場所:〒099-0111 北海道紋別郡遠軽町白滝138−1

休館日:5~10月は無休(11~4月は土・日・祝祭日・年末年始が休館)
開館時間:9:00~17:00
料金:300円
 
 
 白滝ジオパークの入り口です。ジオパークについては「日本ジオパークネットワーク(https://geopark.jp/about/)」をご覧下さい。要は「自然から学ぼうぜ!」と言う事です。

 中央ホールです。パネルとか諸々が展示されています。


 

 大地が出来るまで。要は雨降って地固まると言う事です。違うかも知れません。

 この地域は石器時代から国内有数の黒曜石の産地で、13箇所の遺跡から成る白滝遺跡群(国の史跡名勝天然記念物)があります。

 明るい雰囲気のギャラリーです。ゆったりとしたスペースに黒曜石に関連するパネルが展示されています。床も黒曜石をモチーフとしたのでしょうかね。

 熊本県・長野県・新潟県・静岡県・鹿児島県等の北海道外の地域から採掘された黒曜石です。

 そうなると、黒曜石の中の水は当時の水となりますよね。微生物も残ってますかね。


 

 シアターでは黒曜石が出来るまで等が放映されています。

 


 
 階段を上がってすぐに受け付けカウンターがあり、そこで入館料を払うと開錠されて入館が出来ます。

 大きく6つのブースで構成されています。

 1Fのジオパークとは異なり、照明を落として全体的に暗い雰囲気になっています。その為、写真を撮影しても何も写らない事がしばしば。


 

 ここら辺は「2.現れた大遺跡群」のコーナーで、遺跡群が紹介されています。12年間の調査で出土された遺物は7,677,467点で、総重量は12tとの事。4380日(12年間)で割ると1752点/1日と言う、理解が難しい出土点数です。お疲れ様です。

 ここは「3.白滝での石器づくり」のコーナーです。

 黒曜石からナイフも作れますので、そりゃ手も切れますよね。

 黒曜石が採掘される赤石山の概要です。山の形が黒曜石の形っぽくしてあり面白いですね。

 「尖頭器」とは、石を叩いて尖らせた石器の事です。特に黒曜石は鋭利なので何かと便利なのでしょうね。

 尖頭器の作り方です。3つのステップで簡単に書かれていますが、実際には難しいと思うんですよね。途中で手を切ってやる気も削がれるでしょうし。

 地域によって技法が異なるらしく、その代表的な技法が展示されています。まぁ、住む場所によって用途も異なるでしょうし作り手の癖もあるでしょうね。

 で、これが基本的な技です。これで石器時代に戻っても安心です。

 ここは「4.遠間栄治記念室」です。遠間栄治氏とはこの白滝遺跡を発見した方で「白滝遺跡群の父」と呼ばれているそうです。

 遺跡として発掘調査が行われる以前から、個人的に黒曜石の石器類を収集していたんですって。

 引き出しにもみっちり。

 ここは「5.旧石器時代のくらし」のコーナーです。

 中央には本物のマンモスの牙が。

 触って良いんだ・・・。

 それじゃ遠慮なく。

 振り返ると信仰のコーナーが。

 何が出るかな何が出るかな。

 自分の顔でした。

 ここからギャラリーです。


 

 正にギャラリーでした。石なのに。

 床にも黒曜石が。我が家の猫なら遠慮無く掘り返すところ。

 

 ジュエリーショップ並みの展示です。

 シャレオツ。石なのに。

 


 
 展示替えが終わってサイコガンダムになっていたら、担当者の方ときっと仲良くなれる筈。

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る