サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

資料のはらわた ~「厚岸町海事記念館」編(No.033)~

 博物館とか資料館とか記念館とか巡りが大好きな中の人がお送りする、地元北海道内の博物館とか行ったメモ。
 第三十三回目は「厚岸(あっけし)町海事記念館」です。
 

 近くを通る度に気になっていた記念館です。厚岸町は漁業の町ですので、本記念館はそれらに関する内容になっています。

 2Fではプラネタリウムもあるそうですが、例によって中の人は興味無いので見ていません。

 館内は船の舳先(へさき)みたいな形になっています。でも、入館すると形状を余り体感出来ません。

 

 
施設名:厚岸町海事記念館
URL:http://edu.town.akkeshi.hokkaido.jp/kaiji/
場所:〒088-1151 北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目4

休館日:月曜日・祝日の翌日
開館時間:9:00~17:00
料金:210円
 
 
 エントランスホールです。一応、船の仕組みのコーナーになってはいますが、主にエンジンが展示されています。

 小型のエンジンが展示されており、反対側には大型のエンジンも展示されています。

 動くカットモデルです。どの様に動力が発生するのかが解ります。

 昭和53年に製造された19tの小型漁船の操舵室です。

 ちゃんと中に入れます。入った途端にセンサーで感知されて船の音が流れてちょっとびっくりします。

 無線機・レーダー・魚群探知機・コンパス等々の機材がそのままあります。動作はしませんけどワクワクしますよね。

 厚岸町から沖合いに約4km離れた大黒島の概要です。海鳥の繁殖地であり、国の天然記念物であり、北海道の自然公園であり、特別鳥獣保護区でもあります。しかも戦時中は日本軍の基地もあったらしく、特攻艇(震洋)の格納庫も残されているらしいです。何とも盛り沢山です。

 巣穴の模型や剥製です。大黒島は現在では無人島との事で、このまま海鳥の楽園だと良いですね。

 ここから展示室で、先ずは厚岸の歴史から。

 そして北前舟の模型がお出迎え。有名な高田屋嘉兵衛の辰悦丸との事です。

 「アイヌの漁業」のコーナーです。厚岸で出土した丸木舟がどーんと置いてあります。

 近年のニシン漁のコーナーです。こっちは磯舟がどーんと置いてあります。

 漁法や漁具、加工器械が展示されています。かなり状態の良いニシン釜もあります。

 数の子は美味しいですよね。尚、北海道では古くからニシン漁が盛んで、その利益で御殿が建てられた事から鰊御殿が多数あります。ただ、乱獲等で漁獲量が減少してしまい、今では高価な魚になっています。

 渡し舟・海運・漁船・漁場のそれぞれの変遷のコーナーです。手前の船は渡し舟で、かもめ丸と言う小型船です。

 こっちはフェリーボートの厚岸丸の模型です。129人と大型自動車は3台まで搭載出来たとの事。
 厚岸は、実は厚岸湖で分断されており、陸路で反対側に回るのが大変でした。そこで1972年に厚岸大橋が完成するまで渡し舟やフェリーが活躍しました。厚岸大橋は赤くてステキですよ。

 オーストラリアのクラレンス市と厚岸町は姉妹都市でして、クラレンス市の捕鯨船が1850年に遭難した際に救助に当たったのが縁で姉妹都市になったとの事です。

 これがその遭難した捕鯨船・イーモント号の残骸で船底部らしいです。

 イーモント号の想定復元模型です。1828年にイギリスで製造されたとの事。

 交流の様子です。姉妹都市が調印された1982年にクラレンス市のお偉いさんが来られた為に歓迎レセプションや視察が行われ、その年に発足した「厚岸コアラ会」が中心となって親睦を深めたそうです。厚岸コアラ会・・・。

 昔の生活用具のコーナーです。まぁ一般的な内容です。

 かと思ったらゼニガタアザラシの毛皮が貼られたカバンがありました。暖かそう。

 厚岸の漁業の歩みのコーナーです。普通の漁業から始まり加工・養殖がパネルで紹介されています。

 ここからメイン展示コーナーで、海洋グッズが無数に展示されています。手前の漁船はサンマ漁船の模型で、近くで見ると非常に細かく再現されています。

 近くで見る機会が少ない海グッズです。奥には捕鯨コーナーがあります。

 捕鯨コーナーです。水産業が不振だった昭和初期に捕鯨が始められ、1970年まで続けられました。

 我侭な国があったものですね。今も我侭を押し通して世界に混乱を招いていますけど。

 キャッチャーボートです。この船が捕鯨の要です。船首に捕鯨砲を備えて、鯨に目掛けて銛を打ち込みます。

 その実物の捕鯨砲です。近くで見ると大きいんですけど、対鯨で考えたら割かし小ぶりなんですね。

 鯨の骨とかで作られた工芸品です。右上の黒いのは茶托(湯呑みを置く受け皿)です。

 実際に厚岸漁業無線局で使用されていた機材です。

 厚岸で獲れる魚介のコーナーです。約170種類もの魚介が獲れるんですって。知らなかったんですけどキュウリウオも獲れるとの事。

 厄介者なら当方に送って頂けますと幸いです。

 近隣で獲れる魚介一覧。厚岸湾の外側にある島が冒頭の大黒島です。

 昆布漁のコーナーです。道東は昆布漁が盛んで、全道一の生産高を誇っています。この厚岸も同様で、かなり古くから昆布漁が行われています。

 カキ漁のコーナーです。厚岸と言えばカキですもんね。

 稚貝から食卓に上がるまで。

 手のひらよりも大きいです。尚、厚岸の道の駅ではオイスターカフェがあります。中の人はカキが苦手なので食べませんけど。

 厚岸ではウニも獲れるらしく、この潜水具を用いてウニ漁を行っているそうです。1回で4時間まで潜水可能で、水深50Mまでとの事。これならどんなウイルスも大丈夫そうですね。

 


 

 
 館内の一角にあるフリースペースです。ここでは厚岸の貝塚から出土した遺物の一部が展示されています。

 


 
 2Fです。プラネタリウムと友好都市である山形県村山市のコーナーがあります。

 来館当時の番組です。同時上映が気になります。

 探検家である最上徳内の出身地の、厚岸町と友好都市である山形県村山市のコーナーです。最上徳内は厚岸を拠点として北海道の見分を行ったとされており、それが縁で友好都市になったそうです。

 


 
 厚岸はカキの他にも様々な貝類が獲れ、それらをシリーズ化したものです。やっぱりホタテだけ違和感があるんですよね・・・。

関連記事もご覧下さい

コメントを残す

カテゴリー

最近の記事

タグクラウド

過去の記事(ランダム表示)

ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る