サイトのホームに戻る FAQ オンラインショップ サイト内検索 お問い合わせ

業務案内-目的別

 このページでは、当社サービスの目的別に分類してご案内しています。


補修・改造
【補修・改造】
熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。

製作
【製作】
様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。

販売
【販売】
熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。

補修・改造

補修・改造

 熱交換器各種の補修・改造をしています。
 自動車・建設機械・農産業機械・船舶・空調・設備・発電機等々、様々な用途・種類の熱交換器に対応しています。又、遠く離れた北海道外からのご依頼も多く頂いており実績は豊富です。
 一時的な補修から完全な補修まで、ご要望に幅広くお応えします。

事例:発電機用ラジエーターの補修です(フィン&チューブ式)

発電機用ラジエーター補修

 コア 部からの漏れ補修で入庫しました。
 基本的に発電機等の設備用熱交換器は使用年数が長い為、定期的なメンテナンスを必要とします。
 本案件はコア部とタンク部の接続がボルトで固定されている ボルトクローズタイプ 熱交換器となり、その大きさからコア部も二枚を繋いで一枚のコア部にしています。タンク部は特に問題無く再使用出来ますので、コア部を新品に交換して納品となります。

 大震災以降は非常用発電機のメンテナンスが急務となっており、いざ使用する際に壊れている場合もあります。壊れてから慌ててメンテナンスせず、予防整備としてお考え下さい。

事例:建設機械用ラジエーターの補修です(フィン&チューブ式)

建設機械用ラジエーター補修

 漏れ補修に併せたコア部の仕様変更で入庫しました。
 現品のコア部は一般的な コルゲートフィン タイプ(フィン部がくの字型)でしたが、お客様のご依頼により目詰まりし難い プレートフィン タイプ(フィン部が一枚になっている水平型)に仕様変更しました。コルゲートフィンタイプに比べますと性能が落ちるのですが、使用環境等をヒアリングした結果、比較的涼しい場所での使用との事でしたので変更が可能でした。
 当社では仕様変更の際にはヒアリングを行い、それに見合ったご提案をしています。

事例:農業機械用ラジエーターの改造です(フィン&チューブ式)

農業機械用ラジエーター改造

 漏れ補修に合わせた農業機械用 ラジエーター の一部改造です。
 現品は上下タンク部共に樹脂製でしたが基本的にこの構造の熱交換器は上タンク部の劣化が早い為、上タンク部からの漏れ補修に合わせて本案件では上タンク部のみをアルミニウム化しました。
 下タンク部もアルミニウム化する事は可能ですが、内部洗浄等の今後のメンテナンスも考慮してこの形態にしています。又、下タンク部のみをアルミニウム化する逆パターンでも対応が可能です。

事例:エアコン用ファンコイルの補修です(フィン&コイル式)

蒸気コイル補修

 ファンコイル のU字箇所(Uベンド部)の破損で入庫しました。
 凍結による破損や ウォーターハンマー で破裂し易い箇所で、溶接補修のみで対応する場合とU字箇所を新品に交換する場合があります。

蒸気コイル補修

 チューブ の根元の破損で入庫しました。
 この箇所は比較的ウォーターハンマーや キャビテーション による漏れが多く見られ、こちらも溶接補修で対応する場合と該当箇所を新品に交換する場合があります。
 基本的に穴あきが集中して発生している箇所は、後々の影響も考慮して新品部品に交換して納品となります。

蒸気コイル補修

 U字箇所の溶接補修と、U字箇所を新品交換した熱交換器です。
 赤色が新品交換した部位で、青色が溶接補修した部位になります。破損が酷い場合には新品交換し、それ以外は溶接補修等々と当社は状態に応じて補修内容を変えています。

 ウォーターハンマー/スチームハンマーとは、内部に残っている液体が運転開始時等に瞬時に圧力で押し出されチューブの壁にぶつかる作用を指し、これを繰り返す事によってチューブが削られ破損に繋がりますので、水抜きを完全に行うと熱交換器へのウォーターハンマーが発生し難くなります。
 当社では熱交換器本体に水抜き栓( ドレーン コック)を取り付ける改造加工も可能ですので、ウォーターハンマーでお困りの際にはご相談下さい。

事例:エアコン用ファンコイルの補修です(フィン&コイル式)

空調用コイル補修

 円形の空調用フィン&コイル式の熱交換器の漏れ補修で入庫しました。
 このタイプの熱交換器は内部にファンが納められており、円形にする事により全方位に空気調和を行う事が可能であり、且つ真っ直ぐに伸ばした状態で計測すると容量も比較的多い事から、コンパクトでありながら高性能と言う利点があります。
 本案件では部分的に破裂していた為、該当箇所を溶接補修して納品となります。

事例:船舶用クーラーの補修です(シェル&チューブ式)

船舶用クーラー補修

 船舶用の熱交換器の漏れ補修で入庫しました(一般的には清水クーラーと呼ばれます)。
 チューブを押さえる役目とシェル内で内容物を綺麗に循環させる為の二つの役割があるプレート部が、稀に外れてしまいチューブと擦れて穴が開く事もあります。本案件ではこの症状によりチューブに穴が開いてしまいましたので、漏れ箇所を溶接補修後にプレート部も溶接して外れない様にして納品となります。

事例:船舶用クーラーのメンテナンスです(シェル&チューブ式)

船舶用クーラーメンテナンス

 船舶用の熱交換器の内外部洗浄で入庫しました(一般的にはインタークーラーと呼ばれます)。
 定期的にメンテナンスをしていても使用環境が厳しい為、数年ですぐに汚れて内部詰まりが発生します。本案件ではケースも一緒に入庫した為、ケースも綺麗に洗浄して納品となります。

事例:内燃機関用オイルクーラーのメンテナンスです(プレート式)

オイルクーラーメンテナンス

 設備用エンジンのオイルクーラーのメンテナンスで入庫しました。
 定期的にメンテナンスさせて頂いていますので汚れや詰まりも酷くなく、比較的短納期で納品が出来ました。但し、内部洗浄の際の内部に残る水分を完全に蒸発させなければなりませんので、当日お預かりで当日納品は出来ません。

注意事項
※ 種類・構造や状態・状況によって価格が異なります。お手数でも都度のお見積りをお願いします。
※ 種類・構造や状態・状況によって補修が難しい場合には新品製作、又は新品購入をお勧めします。
※ 過去に他所の業者様で補修されていますと現状復帰に時間が掛かります。予めご了承下さい。

製作

熱交換器製作

 熱交換器各種の製作をしています。
 フィン&チューブ式、フィン&コイル式、シェル&チューブ式、プレート式等々、様々な熱交換器に対応しています(仕様によっては対応が難しい場合もあります)。図面があればそれを基にして製作し、現品しかなければそれを基にして採寸を行い新規製作しています。又、新規製作に併せての仕様変更も可能です。

事例:建設機械用ラジエーターの新規製作です(フィン&チューブ式)

フィン&チューブ熱交換器新規製作

 漏れ補修に併せた新規製作です。
 現品は冷却液漏れを起こした総アルミニウム製のラジエーターでしたが、お客様のご依頼により真鍮製ラジエーターに作り変えました(シルバー塗装しています)。取り付け用ブラケットも再現し、更に振動で破損し易い箇所を補強して納品となります。
 本案件ではアルミニウム製を真鍮製へと材質変更を行いましたが、その逆パターンにも対応可能です。

事例:輸入車用クーラーコンデンサーの新規製作です(フィン&チューブ式)

フィン&チューブ熱交換器新規製作

 部品の生産中止による、輸入車用のクーラーコンデンサーの新規製作です。
 今では珍しい真鍮製のクーラーコンデンサーですが、国内では対応可能な真鍮製での部材は入手出来ない為に全てアルミニウム製での新規製作となります(材質は変更となりますが性能は殆ど変わりません)。

事例:整氷車用ラジエーターの新規製作です(フィン&チューブ式)

フィン&チューブ熱交換器新規製作

 スケートリンクを磨く整氷車のラジエーターの新規製作です。
 内燃機関は国内メーカー製ですがラジエーターは海外製で部品調達が難しい為、当社でご用意する事になりました。現品はアルミニウム製でしたが、後のメンテナンスを考慮して真鍮製ラジエーターで製作しました。
 コア部・タンク部は勿論ですが、取り付け用サイドステーも全て新規製作して納品となります。

事例:パッケージエアコン用エアハンドリングの新規製作です(フィン&コイル式)

フィン&コイル熱交換器新規製作

 施設用の冷暖房で利用される エアハンドリング の新規製作です。
 ユニットに組み込まれている状態でしたが比較的計測し易い形状だった為、ユニットから外さずに現地で細かく採寸を行い新規製作・納品しました。全長が4,000mmとやや長めですが、これより長い製品にも対応可能です。

事例:パッケージエアコン用ファンコイルの新規製作です(フィン&コイル式)

フィン&コイル熱交換器新規製作

 施設用の冷房で利用されるファンコイルの新規製作です。
 新品が入手不可だった為、現品をお預かりして細かく採寸を行い新規製作して納品となります。
 フィン部分が青いのは耐食性の高いフィン材料を使用している為で、お客様のご要望は勿論、使用環境やヒアリングから得られた情報を基に提案させて頂いています(現品はノーマルフィンでした)。

注意事項
※ 全ての熱交換器への対応は出来ません。仕様によっては当社では対応が難しい場合もあります。
※ 製作時には図面、又は現品が必要となります。

販売

熱交換器各種販売

 特に自動車用熱交換器各種の販売をしています。
 法人様は勿論、個人ユーザー様もご利用頂けます。又、自動車用熱交換器に特化したオンラインショップ(shop.radiator.jp ↗)もご用意しています。

事例:新品販売

新品販売

 ご注文を頂いてから当社で組立て・製作を行う新品販売をしています。新品販売では特に自動車用熱交換器のご依頼が多く、法人様も個人ユーザー様もご利用頂いています。
 自動車用商品が必要の場合には、車検証に記載の車両情報が必要となりますのでお手元にご用意してからご注文下さい。

事例:リビルト品・アウトレット品販売

リビルト品・アウトレット品販売

 当社でリビルトした自社保証付きの商品や、新品アウトレット品をお求め易い価格で販売しています。
 リビルト品は当社で判断して適宜部品交換や補修を行った製品となり、全て一定期間の保証付きとなります(商品よって保証期間が異なります)。新品アウトレット品は様々な問屋様から大量仕入れした商品等で、未使用品の為に勿論こちらも一定期間の保証付きです。特にアウトレット品は市場に流通し難い商品が多い為、掘り出し物も多数あります。

注意事項
※ 全ての熱交換器の取り扱いを出来る訳ではありません。販売商品が無い場合には現品をお預かりしてメンテナンスとなります。
※ 中古品の販売はしていません。
※ 商品によっては個人ユーザー様への販売が難しい場合もあります。
※ オンラインショップでは全ての商品を販売していません。目的の商品が見付からない場合はお手数でもお問い合わせお願いします。

 自動車用熱交換器に特化したオンラインショップもご用意しています。新品のみではなく、当社でリビルトした商品やお得な新品アウトレットもご用意しています。

お問い合わせ

 当社サービスでお役に立てそうな事がございましたら、下記フォームよりご相談・お問い合わせ下さい。



写真を添付する




※確認ページは表示されません。上記内容でお間違えなければ送信ボタンを押して下さい。


ページのトップに戻る

サイトのホームに戻る

お問い合わせ

サイト内検索

「目的別」から探す
補修・改造

補修・改造

熱交換器各種の補修・改造を行っています。定期的なメンテナンスを行えば製品寿命が延び、カスタマイズすれば快適にご利用頂けます。 >>詳しく見る

製作

製作

様々な熱交換器の新規製作を行っています。一点からでもお引き受けしており、試作開発等にもご利用頂けます。 >>詳しく見る

販売

販売

熱交換器各種の販売を行っています。新品・リペアー品・リビルト品、全て自社保証付きです(オンラインショップでは自動車用をメインに販売中です)。 >>詳しく見る

「その他」から探す
ホース各種

ホース各種

ラジエーター・エアコン・高圧ホース各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

パイプ各種

パイプ各種

エアコン・燃料・ブレーキパイプ各種、他配管各種の製作・補修・改造を、一点からでも行っています。 >>詳しく見る

タンク各種

タンク各種

各種内燃機関用の燃料・作動油タンク各種、コンプレッサー用のエアータンク各種の補修・改造を行っています。 >>詳しく見る

「用途別」から探す

自動車用・建設/農業/産業機械用

移動・建築・生産・物流等で使用され、生活に密着している各種機械類の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

船舶用

船舶用アフタークーラーや清水クーラー等の特殊形状・特殊材質の熱交換器に対応しています。 >>詳しく見る

施設用・設備用・空調用・発電機用

施設や設備で快適に暮らす為の、冷暖房・機械設備等々の熱交換器に対応しています(ご連絡を頂ければ24時間対応)。 >>詳しく見る

試作開発用・他

各種試作品の開発のお手伝いをしています。一点のみや、小ロットからでも対応可能な小回りの利く当社にご相談下さい。 >>詳しく見る

「形状別」から探す
フィン&チューブ式

フィン&チューブ式

チューブにフィンが接触しているタイプで、エンド部はタンク形状が多いです。一般的にガス・空気・液体等の低圧で使用されます。 >>詳しく見る

フィン&コイル式

フィン&コイル式

フィンにチューブが貫通しているタイプで、エンド部はU字型が多いです。一般的にガス・空気・水蒸気等の高圧で使用されます。 >>詳しく見る

シェル&チューブ式

シェル&チューブ式

筒の中にチューブが入っているタイプで「二重管式」とも呼ばれます。一般的に空気・液体の低圧~高圧で使用されます。 >>詳しく見る

プレート式・他

プレート式・他

基本的に見た目にはフィンが無く、横から見るとチューブが積層型になっているタイプで「多板式」とも呼ばれます。一般的に低圧の液体で使用されます。 >>詳しく見る